SIMS3play1-10

結局続かずに終わってしまいました。ごめんなさい。
SIMS3play1-1

SIMS3を遊ぶ

SIMS4のほうもブログで紹介していきますが、SIMS3のほうもいろいろやってました。
が、欲しいMODがインストールできなくて一度初期化してしまったのです。
そのときにデータがなくなり、再度作り直すことにしました。

SIMS3のほうは完全に自己満足のためのプレイです。
なんせ建築アイテムの豊富さと、幼児、ペットに癒されています。
4にはない要素ですし、とにかく見ていて楽しくなりますね。

あとは3の豊富なゲーム内容の中で、プレイヤーとして出来ることを探っていこうと思います。
豊富すぎてわかってない部分が多いので、プレイしながら体験して勉強したいです。
作ることに集中しすぎて、肝心の中身で知らないことが多いのが気になっていたからです。

拡張データと追加パックについて

拡張データと追加パックはいろいろ入れてますが、入っていないものもあります。
インストールしているのは

  1. アンビジョン
  2. レイトナイト
  3. ジェネレーションズ
  4. ペット
  5. ショータイム
  6. シーズンズ
  7. アイランドパラダイス
  8. TOWN LIFE
  9. ハイエンドロフト

になります。
使用マップは、アイランドパラダイスで追加されるパラダイス島です。
最初の家はチートでお金を増やして作りました。
無人島の海辺に家が作れるのが好きで、パラダイス島を選んでいます。

キャラの紹介

SIMS3play1-2
主人公としては、新米彫刻家のデヴィット・コーセイくんです。
新米で弟子入り先の、ベントレー家で生活しています。

SIMS3play1-3
ヒロインはベントレー家の娘さんのティアさんです。
最終的には、デヴィットと結婚してもらいたいなぁと思っています。
彼女は、今のところ無職で、親と暮らしています。
だからこの家は実家ということになります。

SIMS3play1-4
デヴィットの師匠であり、ベントレー家の父であるジャロドさん。
名前はランダムで決めているので、深い意味はありません。
彼は1流の彫刻家で、家に工房を持って活動しています。

SIMS3play1-5
次に猫好きで、園芸家のダイアナさん。
ティアの母であり、ジャロドさんの奥さんです。
猫と遊んでいると幸せなようです。

SIMS3play1-6
あ、あとティアとデヴィットが結婚して欲しいと思いますが、実はティアは子持ちです。
前の旦那と離婚し、出戻りで実家暮らしなのです。
ティアのこどものトニアちゃん。女の子です。
彼女は幼児ですが、幼児が出来ることは既にマスターしてしています。
幼児教育の様子は、ティアの再婚後になりそうですね。
ちなみに、この猫の名前はフレッドで子猫です。

SIMS3play1-7

SIMS3play1-8

自己満足なので、幼児や犬、猫がいます。
SIMS3の楽しみは、こどもと犬猫によるところが大きいです。
だって、こんなに可愛くて愛らしいですからね。
家族構成をまとめると下記のようになります

  • 父:ジャロド・ベントレー
  • 母:ダイアナ・ベントレー
  • 娘:ティア・ベントレー
  • 孫娘:トニア・ベントレー
  • 居候:デヴィット・コーセイ
  • 犬(おとな):クレオ
  • 犬(こども):オディス
  • 猫(おとな)ミスティー
  • 猫(こども)フレッド

SIMS3play1-9
あと、こんなに人がいるとやることが多いので、メイドサービスにも入っています。
掃除などしている時間がないと、掃除などしているだけで時間を消費するのはもったいないですから。というかこのメイドさんは男なのに、日傘をするとかいう意識高い系の人みたいです。

SIMS3play1-11
この写真はこども部屋ですが、他にもSIMS3の建築も公開したいと思います。
3はデータが重くてデリケートなので、、すこしずつ様子を見ながらCCなどは追加していきます。というか今の時点でもけっこう止まったりするので、なかなかシビアなゲームですね。でも3は3で面白いこともたくさんあるので、そこらへんを解明しつつ、自己満足的な画像も残していきたいと思います。
サムネにもしている。最初の画像のような光景を見て癒されてます。
今後もいろいろ展開して、楽しい画像を残していきたいですね。

One thought on “[SIMS3 FreePlay]彫刻家家族の物語が始まるよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>